利用規約

会社ID規約

第一条 (katana)
「katana」とは、「株式会社あきない総合研究所」(以下「当社」と言う)の「katana運営事務局」(以下「当事務局」と言う)が運営する会員制サービスである。
第二条(会社ID)
「会社ID」(以下「会員」と言う)とは、第三条の定めに従い、当事務局に対して会員登録を行った者とする。会員には、必要によっては当社の判断により複数の会員種別を定める場合もあることとする。
第三条 (会員登録)
会員となるためには、当事務局が運営するWebサイト上の所定の申し込みフォームから、当事務局が求める必要事項(以下「会員情報」と言う)を入力し、会員となる登録(以下「会員登録」と言う)を行った上で、必要に応じて会費を支払い、会員資格(以下「会員資格」と言う)を取得する必要がある。なお、会員登録を行う際に当事務局は必要に応じて、入会審査を行うことが出来ることとする。また、Webサイト上の所定の申込みフォームの代わりとして、申込用紙等を当社が別途用意した場合、それを用いて会員登録を行うことも出来ることとする。 入会審査に当たり、当事務局が必要と判断した場合、登録申し込みを行った者に対し、書類の提出や確認を求める事が出来る。この求めに登録申し込みを行った者が従わない場合、会員登録を受け付けない事とする。
第四条 (会員に対して提供されるサービス)
当社及び当事務局は、会員に対して、下記のサービスの実施に努める。ただし、当事務局の必要に応じて会員の一部にのみ別のサービスを提供する場合もありうる。
  1. 当社及び当事務局が提供する、起業及び経営支援サービス
  2. 当社若しくは当事務局が送付する電子メールやダイレクトメールなどを通じた広報
  3. katana主催のイベント、交流会への参加料金等の優待サービス
  4. 当社及び当事務局が主催するセミナー・勉強会への参加料金等の優待サービス
  5. その他、当社若しくは当事務局が必要と認めたサービス
第五条 (会員資格の譲渡)
会員は、会員資格を第三者に譲渡及び貸与することは出来ない。
第六条 (会員の義務)
会員は会員情報に変更があった場合、速やかにその変更点を当事務局に届け出なければならない。なお、変更の有無を問わず、1年に1回、情報の更新手続きを行わなければならない。 会員は、当社若しくは当事務局が送付する電子メールやダイレクトメールを受信しなければならない。また、当事務局が実施するアンケートへの回答義務を負う。
第七条 (規約の遵守)
会員登録を本規約への同意の意思に基づくものであるとし、会員登録を行った時点で、本規約に基づくkatanaに関する当社との契約の当事者となり、本規約を遵守するものとする。 第一二条の定めによって、本規約が改定された場合、改訂内容にかかわらず会員は改訂後の規約を遵守しなければならない。
第八条 (当事務局への問い合わせ)
会員から、当社及び当事務局への問合せは、原則Eメールのみで行うこととする。会員が各サービスに関する問合せを行う場合、それぞれのサービス毎に示された問合せ方法を用いなければならない。
第九条 (退会)
会員は、当社及び当事務局が提供する、起業及び経営支援サービスの利用を行っていない場合に限り、当事務局が別途定める会員退会手続きに従いkatanaを退会することが出来る。起業及び経営支援サービスの利用を行っている場合、原則退会することは出来ない。 会員が起業及び経営支援サービスの利用を行っているにもかかわらず退会を希望する場合、利用している起業及び経営支援サービス利用条件に基づきサービス利用中止手続きを行った場合、katanaの退会を認められる場合がある。
第一〇条 (会員資格の取消)
当事務局は、会員が下記の事由に該当した場合及び下記に相当する行為を行った場合、当該会員への事前通知無く、当該会員の会員資格の一時停止及び会員資格の取消が出来るものとする。 なお、下記並びに下記に相当する行為を行い、会員資格の一時停止又は取消となった者がサービスの利用を行っている場合、速やかにサービスの利用中止手続きを行わなければならない。
  1. 会員情報及び当事務局の提出した書類や情報に虚偽があった場合。
  2. 第六条で定められた会員の義務を遵守しない場合。
  3. 他の会員もしくは当社及びkatanaの名誉を毀損した場合。
  4. 多重登録を行った場合。
  5. katanaもしくはkatanaの提供するサービス(付随して提供される情報を含む)を不正に使用した場合又は過去に不正に使用していたことが判明した場合。
  6. 過去に会員資格を取り消された者と同一の者であると当事務局が判断した場合。
  7. 当社や他の会員又は第三者に損害を与える恐れがあると、当社が判断した場合。
  8. 本規約に反する行為があった場合。
  9. その他、当社が当該会員を会員として不適当と判断する場合。
第一一条 (虚偽情報を用いた会員登録並びにサービス利用)
会員が、虚偽の情報を用いて会員登録を行った場合、当該会員に対して、当社は損害の賠償を求める事が出来る。この場合、当該会員はいかなる理由があろうとも損害の賠償を逃れることは出来ない事とする。
第一二条 (規約の変更)
本規約は、当社の都合において、会員の承諾を得ることなく改定できるものとする。当事務局及び当社は、本規約を改定する際は、電子メール又は当社が適当と認める方法で会員に告知するとし、告知後1ヶ月以内に異議の申し立てがなかった場合、改定された本規約に会員が同意したものとみなす。
第一三条 (会員情報の利用)
当社は会員のあらゆる情報を、katana並びにこれに関連する事業のために自由に利用できるものとする。会員及び過去に会員であった者から特段の申し出がない限り、当社は、当該会員の退会後も登録情報を上記の目的で利用できるものとする。
第一四条 (本会の提供するサービスの一時的な中断)
当社は、以下の事由により会員に事前に通知することなく一時的にサービスの提供やサービスの提供を中断する場合がある。
  1. 設備の保守、点検、修理などを行う場合。
  2. 火災・停電により本サービスの提供が出来なくなった場合。
  3. 天変地異、テロなどにより本サービスの提供が出来なくなった場合。
  4. その他、一時的な中断が必要であると当社が判断した場合。
    本会の提供するサービスの中断による損害について、当社並びに当事務局は一切責任を負わないものとする。
第一五条 (本会及び本会の提供するサービスの変更、廃止)
当社は、自らが提供するサービスの内容を、会員への事前の通知無くして変更や中止することが出来るとし、会員はあらかじめこれに同意する。それに伴い、会員に不利益又は損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとする。
第一六条 (自己責任の原則)
会員は、自己の責任において本会の会員となるものとする。会員並びに過去に会員であった者は、katana及びkatanaにおいて提供されるサービスの利用に際して、他の会員又は第三者に対して損害を与えたときは、自己の責任と費用において当該損害を賠償するものとして、当社並びに当事務局を免責とすることとする。 また、会員並びに過去に会員であった者は、katana及びkatanaにおいて提供されるサービスの利用に際して他の会員又は第三者に対して損害を与えたときは、自己の責任と費用において当該損害を賠償するものとする。
第一七条 (免責)
当社並びに当事務局は、会員並びに過去に会員であったものが、katana及びkatanaにおいて提供されるサービスの利用に関して被った被害又は損失などについて、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず、一切の責任を負わないものとする。
第一八条 (全般)
本規約に関する準拠法は、日本国法とする。会員及び過去に会員であった者と当社は、本規約に関連する紛争について、訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意裁判所とする。

以上 平成23年7月1日

ページの先頭へ戻る